変形性膝関節症について

  • :﨑田

こんにちは🌼  

小倉ひざ関節症クリニック です💁‍♀️

GWいかがお過ごしでしょうか❔

本日は 『変形性膝関節症』についてお伝えします🤗

【変形性膝関節症とは】

膝のクッションとして働いている関節軟骨が加齢にともないすり減っていくことにより、関節内に炎症が起きたり関節が変形したりして痛みや腫れを生じる病気です🦵⚡
日本では約1300万人が発症しており、うち早急に治療すべき人は約800万人にのぼると考えられています。また、どの年代でも女性の発症率が高く、男性に比べて1.5~2倍の割合を占めます。

【症状】

多くの場合膝の内側の関節軟骨がすり減るため、痛みも内側に出ます。その他にも…

・こわばる
・歩き始めに痛む
・正座しづらい

・階段がつらい
・曲げ伸ばしにくい
・水がたまる

・歩けない
・寝ていても痛む

といった症状がでてきます😫

【治療法】

軽度であれば、痛み止めの内服薬が湿布の処方、膝関節へのヒアルロン酸注射が一般的です💊

膝のサポーターや足の裏につける装具の使用、足の筋力をつけるリハビリも効果的です

このような治療で痛みが軽減せず治らない方は、骨の変形を矯正する手術や人工関節置換術などの外科的治療も検討します。

そこで当院では、手術は避けたい、ヒアルロン酸注射を繰り返しても効果が得られないという方に
再生医療をご提案しております😊

症状の進行・悪化を遅らせるだけでなく、ひざの機能回復までを視野に置いて治療を行います。

お膝の痛みが辛い方、手術は出来れば避けたい、ヒアルロン酸の効果がない、

そんな方はぜひ一度当院へご来院ください🙂

ご予約は、ホームページまたは下記のフリーダイヤルより受付しております❕

TEL 0120-013-712