痛い時と痛くない時があるから・・受診を迷ってる?

  • :酒井

こんにちは☺️
どんどん暖かくなってきて夏に近づいてますね✨

さて、本日は当クリニックに受診された方がよくおっしゃる
「少し前までは痛かったけど、今はそうでもないから、受診するか迷ってました!!」というお声‼️

日々の生活の中で、一度ひざの痛みがおさまると病気そのものが治ったように感じてしまう事はありませんか?

変形性ひざ関節症は、ひざ関節に負荷がかかることで

骨の表面をおおう軟骨がすり減る(破壊される)ことでおきる疾患です。

ひざ関節は自然治癒が難しいので、軟骨の破壊により、

炎症→拘縮(曲げ伸ばしがしずらくなる)→変形

と、徐々に徐々に進行していくことになります。

サプリメントやサポーターの使用、運動などの対処でひざの痛みが治まっても

それは一時的に燃え盛っている炎が弱まっているだけなのです。

ダメージは徐々に蓄積していくので、虫歯と同じで

放っておくとどんどん進行していってしまいます。

もちろん、これらのセルフケアはとても大切ですが

早期に治療を開始することが最も重要になります。

そこで変形性ひざ関節症の根本治療として急速に認知され始めているのが

血液や脂肪などに含まれる「組織の修復に働く組織」を利用する再生医療になります。

再生医療でひざの痛みや動かしにくさが改善すれば、

手術をせずにご自身のひざでこの先も過ごすことも可能になります!

まずはMRI画像でご自身のおひざの状態を知り、

再生医療に限らずどのような治療が適しているのか、専門医のお話を聞いてみませんか??

お一人で悩まずに

ぜひ一度、ご相談ください(*^_^*)